新型コロナ関連情報はこちら

東京高専「国際寮竣工式」に参加してきました!


2022年3月29日(火)「東京工業高等専門学校」で開催された「国際寮竣工式」に参加させて頂きました!

東京高専とは??

国立東京工業高等専門学校は、1965年(昭和40年)4月1日に創立されました。八王子市椚田町に位置し「機械工学科」「電子工学科」など5学科1000名の学生を要する学校です。

ものづくり技術者の育成を目標とし、社会に出ての即戦力となる人材を輩出されています。前職の会社にも東京高専出身の方がおられましたが、非常に優秀な方が多いなというのが、私が実際に仕事をさせて頂いた上での印象です。

実際に、学生の方が様々な賞を受賞したり、在学中に企業したりなど、国内・海外から非常に注目されている学校です。

国際寮

これまで東京高専には、3つの寮があり、そのうちの1つが老朽化により建て替えられ、4月から新たな学生寮「国際寮」として運用が開始されるとのこと。

鉄筋コンクリート造で3階建て。国内・海外の学生が寮生活を通して交流することを目的に、7人を1ユニットとしたシェアハウス型の居室で、寝室は個室が整備されています。その他、学習するためのラーニングスペースや、トイレ、シャワールーム、キッチンも併設され、とても快適な環境でした。すでに、モンゴル、インドネシアの留学生も生活をされているそうです。

私も創価大学に入学した際は、1年間「滝山寮」で寮生活をしていました。実家を出た生活自体が初めてで、毎日が修学旅行のような気持ちだったことを覚えています。地方から出てきた仲間と、共に悩み、学び、語り合った生活は、一生の思い出になっています。

来賓の方も挨拶で言われていましたが、国際情勢が非常に難しい今だからこそ、教育を通した「国際交流」は非常に重要であると思います。その意味でも「国際」との名前を冠した東京高専の「国際寮」から、世界に羽ばたく大人材が陸続と排出されることを期待しております!

国際寮
個室


コメント